「ある朝、カーテンを開けるとすっかり新緑に替えした木々の に、 はっとしたことはありませんか。・・・・」 天気の 良い日には、窓を開けて風を入れたく なる ――5月は、アウトドア派でなくたって、うちにいるのがもったいないような季節です。
今回は、そんな5月の清々しさを満喫するランチタイムを "ピクニックスタイル"で楽しんでみることにしました。 ピクニックの語源"pique-nique(仏語)"は、元来"持ち寄りの食事会"の意味。やがて19世紀のイギリスで、"屋外での食事"の ことを指すようなったと言います。
今日は、気軽に出来てしっかり味わえるチャイニ ーズメニューと 冷えたビール、プラス、ちょっとした 工夫で、ピクニ ックもぐっと スマートに。
大人の遊びごころでアウトドアを楽しんでみるとそこ には、想像以上の心地よさが、待っていました。


ナプキンとカトラリーを
 セットしても素敵
 
「ピクニック・スタイル」のポイント
●取り分けやすいメニュー(本日のメニュー参照)
●紙皿、紙コップでなく、食器・グラスを使えば、ぐっとスマートに

 アウトドアでの食事でものを言うのは、“安定感”。
 多少大袈裟と思えても、紙皿でなく、膝の上や地面の上で使い勝手のよい食器を使いたい。
 さらにテーブルもあればよりグッド。今回は、アイテム一式を入れてきたプラスチックの
 衣装ケースに布をかけて即席テーブルに!食卓が断然スマートになりました。
●ビビットな色使いがセッティングのカギ
  野外で映えるのは、赤、黄、グリーンなど、室内より一段強めのブライトカラー。
  紙ナプキンや花でアクセントを効かせて。
●花、フルーツを飾ってみる
  外のテーブルにも花を飾りたい。ざっと束ねておくだけでも断然大人の印象になるから不思議。
  元気色のフルーツは、デザートとしてだけでなく、目にも鮮やか。さりげなくあしらうだけで、
  食卓の表情がずっと豊かに。
●心地よいシチュエーションと晴れた午後!
  何よりこれが一番。遠出しなくたって、近くの公園、ベランダや庭でもいいのです。


ピクニックの必須アイテム
・テーブルウエア(食器(普段使いの丈夫なもの)、カトラリー、お箸、ナプキン、
 食べ物を乗せるプラスチックのプレスプレイト等)
                                                 
・ビニールシート、ナプキン(紙ナプキンは使い捨てでき、色遣いも楽しめて便利。
 布を使用する場合は、あらかじめ一人分  ずつカトラリーとセットしておきたい)           ・フード&ドリンク(グラスいろいろ、ビールいろいろ。ワインクーラー&氷)
・花と果物(この日は赤とイエロー、それにグリーンもののお花と、オレンジを持参)
 その他、花切りバサミ、タオルなど。 ゴミ用ビニール袋も忘れずに。


+ワンモアアイディアグッズ
・プラスチックの衣装ケースなどボックス型の台(テーブルウエアや持ち物を持ち
 運ぶ際の入れ物として使い、出した後はテーブルに)
 ティースタンド、バスケット (お料理を盛ったり、果物や花を生けたり。その場の
  雰囲気で使ってみたい)
・折畳式テーブル(アウトドア用品も、使ってみれば便利さを実感)
・白いシーツ(ビニールシートの上に敷いて。衣装ケースの上に掛けて。2枚の
 シーツがラグやクロス代わりに大活躍しました。)
 その他、風の強い日には、クリップやリボンなどで布を留めるグッズも
 用意したい。

 
今回のおもてなしGOODS
 ナプキンにこんな野草のアレンジが似合うのも、野外ならでは。ひとりひとりに、
 ようこその気持ちを込めて。
 レシピ
貝柱とトマトの冷製(前菜) ----------------------------------
<材料>
・貝柱(お刺身用)
・トマト
・ソース〜トモン汁少々
・酢 大2
・サラダ油 大4
・白ワイン・塩 適宜
・コショウ・さとう 少々

<作り方>
1.貝柱は横包丁で2枚にカット
2.トマトはうす切り
3.1.2をしき並べソースをかける(少しつけこむ お好みでパセリ、パクチも香菜を一緒に)

〜ワンポイント 〜
サラダ油をオリーブ油、酢を少し減らしバルサミコに変えてもGOODです。
その際、塩を加減し アンチョビのみじん切りをまぜても良いと思います。

→更に・・・  このドレッシングだと、今の時期(5.6月)美味しいアスパラを茹で、
       トマトはみじん切りにし合わせて冷たくつけこんで頂けます。イタリアンの
        おもてなしアンティパストになりますのでチャレンジしてみて下さい。
とり肉たけのこオイスターソース --------------------------------
<材料>
・バケット(パン)
・とり胸肉(皮なし)400g
・たけのこ150g
・ねぎ 1/2本
・片栗粉 小1
ソース
・とりがらスープ1カップ
・紹興酒 大1
・オイスターソース 大1
・麺醤 大2
・さとう 少々

<作り方>
1.とり、たけのこは1.5cm角切り、ねぎはみじん切り
2.油で1をいためソースを注ぐ
3.ソースがからまったら水溶き片栗粉を回しかける
4.バケットを4〜5cmに切り分け真中に穴を作りその中に3を詰める
揚げ豚肉五味ソース(メイン) ------------------------------------
<材料>
・豚肉うす切り肉300g〜400g
・万能ねぎ 1/2束
ソース
・にんにくみじん 小1
・しょうがみじん 大1
・ねぎみじん 大2
・しょう油 大2
・酢 大1
・片栗粉 適量
・さとう 大1/2
・ゴマ油・こしょう・化学調味料 お好みで・・・

<作り方>
1.豚肉にしょう油、さとうで下味をつける
2.肉の汁気を切り片栗粉をふる
3.肉を揚げる(中火) 仕上げは強火で
4.盛り付けて合わせたソース、万能ねぎをかける
中華おこわ(主食) ---------------------------------------------
<材料>
・もち米3カップ
・ゆでたけのこ 40g
・豚肉 150g位
・にんじん 1/3本
・干ししいたけ 3枚
・干しえび 大2
・天津甘 20粒
・しょうが 少々

<作り方>
1.もち米は洗って2時間水につける。その後ざるにあげて充分水気きる
2.豚肉は小さめの角切り(しょう油、酒、しょうが汁、こしょうで下味)
3.干しえび、干ししいたけはぬるま湯でもどす。にんじんは細目切り
4.油で2と3を炒めて鳥がらスープとしいたけのもどし汁 合わせて2/3カップ
  しょう油 大2 酒・さとう 大1 塩 小1/2で煮る
5.油でもち米がすき通るまでいため4を加え栗も加え混ぜもち米に汁をすわせる
6.5を火からおろし蒸し器にぬれふきんつを敷いてもち米と具を平らにのせ30〜40分蒸す
杏仁豆腐(デザート) --------------------------------------------
<材料>
・寒天 1本
・牛乳 1カップ
・アーモンドエッセンス(お好み)
・レモン汁 1/2個(その他お好みのフルーツ)

<作り方>
1.寒天を水でふやかす
2.寒天をちぎり水3カップで煮とかす
3.液が2/3に煮詰まったら牛乳を加える(沸騰させないこと)
4.ふきんでこす
5.アーモンドエッセンスを加える
6.器に入れて冷やす
7.さとう1.5カップ、水2.5カップ 合わせて煮詰めてシロップを作る
8.6に切れ目を入れて7を注ぐ
★クコの実をのせても美味しいです
Back][Top


  UP DATE 06.08
about us 取材・リンクについて お問い合わせ designam  
デザインam制作会社