辺りにしっとりと秋の匂いがたちこめる10月。今回は「お月見」をテーマに、
”日本の秋”をテーブルの上にたっぷりと集めた和のセッティングをご紹介
します。
 「お月見」といえば十五夜ですが、十五夜だけ愛でるのは「片月見」といって
忌み嫌い、古来日本ではその一ヶ月後の十三夜(旧暦9月13日)のふたつの
月を愛でるものとされていたそう。別名「栗名月」「豆名月」と呼ばれた
この十三夜に事寄せて、メニューには旬の素材をたっぷり生かしてみました。
秋の味覚。秋の草花。そして開け放った窓からの秋風に包まれるひととき。
ああ日本人でよかった――きっとそんな時間が過ごせるはずです。
 


▲あえて四角く小ぶりのものを使用
満月と半月をモチーフにした
お箸は小物のポイントに大活躍
▲和食器だけでなく、ガラス素材の器を使っても新鮮
▲十三夜 盛り物、お団子、柿、芋、
  きぬかつき
「モダンスタイルの和のセッティング」のポイント
 
フローリングに折りたためる「座敷卓」&「座布団」でだんらんの雰囲気づくり
モダンな雰囲気を出したい時、テーブルクロスの色を「深めの赤」などにセレクトして
ぐっと秋らしいイメージに・・・。
<ちなみに今回も布を購入してつくりました、気に入ったものがないときや予算が
ないときはご自分で作るのも良いです>
あらかじめ位置皿(一人ずつの席においてあるお皿)をセッティングしておくとサマに
なります。
今回はあえて四角く小ぶりのお皿を使用、また同じテーブルの中でも四角や丸などの形を
適度にいれるととても新鮮です。
(ただあまり色々な形を混ぜると落ち着かなくなってしまうので2種類くらいが適当でしょう)
月見とかけて、満月と半月をモチーフにしたお箸は小物のポイントに大活躍
十三夜は豆名月、栗名月とも呼ばれていることから枝豆をあしらったお箸置きを利用!
 
ワンモアアイデイア
 
和食器だけでなく、ガラス素材の器を使っても新鮮
セッティングにメリハリをつけるために漆塗りの台を使用
徳利やお銚子をこの上に置いて取りやすく
秋の花と月見団子を使ってより一層のムード作り
盛り物−さつまいも きぬかつぎ(里いもの小ぶりのもの) 
    栗    −旬の果物
    柿(嘉来)−よろこび来るといって縁起のいい果物だそうです)
    団 子  −13夜なので13個 うさぎはおまけ
※ 最近では月見のお団子を置いているところというのがけっこう少ないんですね。
   どうしても手に入れたいという方は、予め予約した方が無難です。

秋の花  今回使用したもの
 ・ワレモコウ ・キキョウ ・雪柳(赤くスプレイーをかけたもの)  
 ・ススキ(十五夜を過ぎるとお花屋さんにおいていない場合が多いです)
  今回は近所からとって来ました
 

おもてなしの必須アイテム

・本日の主役 秋の味覚を使ったお料理
・ドリンク
 日本酒(純米 吟醸 奥島)
 ノンアルコール 命名 月見ドリンク
(すだち・かぼすを絞ってジントニックで割ったドリンク)

  さっぱりしてお食事に本当に合います。甘い飲み物やウーロン茶に飽きたら
是非、試してみて下さい

・日本・手ぬぐいをナプキン代わりに・・・
・カトラリー(お箸&お箸置き)
・大皿、位置皿

▲お決まりの乾杯!
十三夜と秋の味覚を楽しむためのBGM

Crouka/Sunaga t Experience
DJの大御所、須永辰雄のアルバムです。
世の中にカフェミュージックやボサノバ系、フリーソウルが流行したのには、この方の存在は
とても大きい! クローカは宇宙船に乗せられちゃった犬の名前。
(ライカ犬が宇宙船に乗っちゃうって話、ご存知ないですか?)
とにかく、この犬のお話をひとつのアルバムにまとめていて、CDにはいとうせいこう著の
ミニ小説までついている。
なんか、お月見に合ってると思うのだけれど…曲はもちろん、大人な感じ。

▲ Crouka/Sunaga t Experience
ピストルオペラ(サウンドトラック)/こだま和文
 

Chara Caramel Milk〜the best of Chara/Chara
 
次は可愛いですね〜、癒されますね〜、チャラで乾杯。
CMで聞いたことある曲もいっぱい。チャラの魅力がつまったアルバムは、とてもゆったりした気持ちにさせてくれます。「月と甘い涙」って曲もあります。女の子っぽくていいです。
 
Weekend in Tokyo〜メロウな東京の週末
コ−ザ・ノストラに始まって、FPM、福富幸宏など、いろんな人の曲が集まったコンピレー
ションアルバム。サブタイトル“メロウな東京の週末”の通り、まさに大人の週末。
1枚でいろんなおいしさがあります。
とくに私は7曲めのキリンジの「休日ダイヤ」が好き。
これ聞きながらみんなで食事してれば、普段のイヤなことも忘れられそう。
 
Duet With Birds/Port of Notes

日本人ですが、とてもファッショナブル。いいです。
薬師丸ひろ子の「Woman」の曲をカバーしていますが、これがまたささやくような感じでしびれてきます。なんとなく、まわりの照明も少し落として楽しみたいですね。
月の明かりを眺めるような感じで…。

ピストルオペラ(サウンドトラック)/こだま和文
私の大好きなこだまさんの最新アルバム。
といっても、現在公開中の鈴木清順監督 映画「ピストルオペラ」のサウンドトラックです。
こだまさんの孤高な感じのトランペット、今いちばん歌がうまいのではと言われている歌姫EGOWRAPPPINの中納良恵の歌、そこにリトルテンポのTICOも参加。
これはただのサウンドトラックではない!
本日のパーティーをしめくくるのにぴったりです。
 
       

 ▲ 命名:月見ドリンク

本日のドリンク

・日本酒<純米吟醸 屋久島>

−裏ラベルより

本品は、日本一の酒造米「山田錦」を100%使用し、 精米歩合45%に磨きあげ、仕込み水は屋久島縄文水による 手造りの逸品です。

原料米   山田錦 精米歩合  45% 日本酒度  +5.0 醸度    1.2 アミノ酸  1.4
飲み方   冷用 ◎  室温 ◯ 甘辛度   やや辛口 濃淡度   濃鋤鵜醇 清酒 
原材料名/米、米麹 アルコール分/15.0度以上16.0未満

・ノンアルコール 命名 月見ドリンク
   (すだち・かぼすを絞ってジントニックで割ったドリンク)

※ さっぱりしてお食事に本当に合います。 甘い飲み物やウーロン茶に飽きたら
   是非試してみて下さい

・ほうじ茶 (実際に緑茶を焙じました)

 
       
 
本日のメニュー
大根と柿の和え物
茸のホイル焼
鶏だんごとお芋の月見風
さんまの蒲焼(黄身化粧)
栗ごはん
 
▲大根と柿の和え物
 本日のメニュー
大根と柿の和え物
 
▲茸のホイル焼
茸のホイル焼

 
▲鶏だんごとお芋の月見風
 
鶏だんごとお芋の月見風

 
▲さんまの蒲焼(黄身化粧)
さんまの蒲焼(黄身化粧)

 

■番外編 アルバム
 

Back][Top


  UP DATE10.26
about us 取材・リンクについて お問い合わせ designam  
デザインam制作会社