「ゴーン ゴーン」 大晦日に除夜の鐘が鳴ると新しい年の始まりです。
いつもは忙しい人でもゆったりとした時が流れます。
日本には四季を通じ年中行事が色々とありますが「お正月」は最も
身近なものではないでしょうか。過ごし方も十人十色です。
今年のお正月は昔からの「和の心」を取り入れ、時代に合ったスタイルで
思いきり日本人であることを意識してみませんか。
一味ある「おもてなし」となることでしょう。
きっとまたひとつ 振り返ることの出来る幸せな思い出ができるはずです。


▲テーブルクロス+ランナーづかい
▲折敷は六角形のものでゴールド
▲紅ふち紙でおめでたさを演出
▲フラワーアレンジ


「ニューイヤーのジャパネスクスタイル セッティング」のポイント

テーブルクロスは格式高いブラックを。ランナー(写真センター)をアクセントに使用しよりおしゃれに。

お節料理 「折敷」に盛りつけて手軽に品良く
   一番格式の高いとされているのは「四段お重」ですが折敷に盛り付けるのも取り分ける手間が省けとても便利です。今回使用している折敷は六角形のものでゴールドで縁取りされており「和」でも「洋」でも合うのでとても便利です。
又、セッティングの時、プレイスプレート(位置皿)としてお皿の下に敷くなど利用すると一段と格調高さを演出することが出来ます。

漆器の小皿にソーサー代わり 紅ふち紙でおめでたさを演出
  「赤」はもともと厄除けの色とされ縁起がよいとされているのでおめでたいものに
よく使われています。そんなことからこのセッティングにもとり入れてみました。

フラワーアレンジ
   少しのお花で華やかに見えるような花器を選びました。
2〜3時間水につけたオアシス(浸水スポンジ)にチューリップ(2本・同様の色ではなく濃淡を選んでいます)とヘデラベリー(実物)、ベアグラスは10本くらい束ねたものをワイヤーでとめてベースのアクセントとしてアレンジしました。
又、シルバーをスプレーした柳がお正月らしさを強調しています。


▲デキャンタ
▲祝い箸
▲しつらい


 
ワンモアアイディア

デキャンタもお正月らしく演出
   水引きと小物、余りものの松を使用して結んでみました。こういった心遣いが和む演出となるものです。
祝い箸 セッティングに合わせて「ピンク」と「パープル」の和紙を折り合せて演出
   今回のアクセントカラーはピンクです。ここから色がかけ離れないように色を
決めました。
フィギア(小物)でちょこっと可愛らしさを
   羽やコマ、花餅などちょっとカラフルなフィギア使いが楽しさ、会話のきっかけを一層高めてくれます。
「お正月」を一層演出するしつらい
   お客様をお迎えするとき、家の所々にお正月を感じることが出来たら
心もより一層豊かになります。今回使用したのはこの時期によくお花屋さんで見かける
「ぼけの花」「柿」(嘉来)は喜びが来るものとして縁起のよいものとされています。
おせち料理のいわれ
 
 神へのお供え物のことで正月に物音をたてないよう年末に用意をしました。縁起のよい素材を 使い品数は奇数が基本。
 
黒豆 まめまめ(健康)しく暮らせるように
昆布巻 「よろこんぶ」と言って縁起のよいときに使う、巻物は文化の象徴
田作り 豊作を祈って
数の子 子孫繁栄
お屠蘇 新年の挨拶を交わした後で飲むもの。邪気を払い、
一家の無病息災を願う
 



 
おもてなしの必須アイテム

  ●テーブルクロス 黒 (綿の布でも可) 
●ランナー 白<京都の雑貨屋さんで購入した帯(安物)を使用>
●折敷(漆器のもの) 4枚
●祝い箸 4膳
●お花(チューリップ2本 ヘデラベリー0.5本 ベアグラス10本)×2
●グラス 4脚



▲TOGISM 2/東儀秀樹
▲アロマティカ/コキュウ
ニューイヤーパーティーを楽しむためのBGM

  2002年はファッションのキーワードも「癒し」。
そこで、今回の「お節パーティー」も癒しをキーワードに和のくつろぎを感じる音楽を
選びました。
 
1. TOGISM 2/東儀秀樹(写真)
とっても有名なのであえて説明は必要ないかもしれません。
やはり「日本」「和」といったら、まずはこの音楽(という
か音色)。このアルバムはバラエティに富んでいて、「ふる
さと」があるかと思えば、ビートルズの「ヘイジュード」
「イエスタディ」なども収録されています。心安らぐ音色で
今日のパーティが始まります。
   
2. アロマティカ/コキュウ(写真)
かの香織プロデュースのユニット、コキュウのアルバム。1枚
目が東儀さんだったので、2枚目もヒーリングの流れをそのま
まに。とてもゆったりとした気持ちで食事と会話を楽しめます。
   
3. 東京/サニーデーサービス
昨年の解散が惜しまれるグループ、サニーデーサービスの名盤!
最近、「喫茶ロック」なるシリーズのアルバムが売れてるよう
ですが、それは、喫茶店で聞きたい音楽を集めたアルムで、彼
らはまさにそんな感じ曲を歌うグループでした。桜のジャケットも
「和」な感じでいいと思いませんか?
   
4. LIFE/小沢健二
オザケン。すっかり姿を見せなくなってしまいましたが、近々
なんと、5年ぶりにアルバムが出るそうです。だからというわ
けではないですが、やっぱり日本人ミュージシャンでこの人は
天才だと思うので、ただそれだけの理由で選んでしまいました。
さっきまでの癒し系や懐かしいムードから、明るい感じになっ
てデザートタイムにおすすめです。
   
  おまけ
LOOKING BACK/小田和正
オフコース時代の曲を小田和正自身がカバーしたアルバム2枚組。
どの曲も聴いたことある、知ってる曲ばかり。何かを思い出した
りして…そして、元気になって。新年のパーティにはぴったりか
もしれません。



   
▲ヴェーレナゾンネンウール ▲アイスワイン


本日のドリンク

 

ヴェーレナゾンネンウール(ドイツワイン 9%)

お節・鴨鍋には日本酒と思っていたのですが、ソムリエの方の強い
お薦めでこれにしました

アイスワイン 

葡萄が凍り付く厳寒の中手済みで収穫された少量の
貴腐葡萄を原料につくられたワインです。

インターネットで栗きんとんに合うデザートワインを発見。
カナダのオンタリオで作られたものでペラーエステート・ファウンダーシリーズ
今回はミニボトルを購入

   
▲黒豆
▲サラダ風なますin柚釜
  柚のかおりがたまりません
▲鴨湯葉鍋やっぱり冬はこれが一番
▲湯葉と鴨 お酒にも合うんです!


本日のメニュー

お節料理 

・出し巻玉子・栗きんとん 茶巾しぼり・飾りキュウリ・サラダ風なますin柚釜
・黒豆・昆布巻き・田作り

※黒豆・昆布巻き・田作りは、時間と経験がいるので、おいしいものを厳選して購入しました。


鴨湯葉鍋 

インターネット オンラインショップ ゆば甚でお取り寄せしました。
 (ちょっと高級感のある鍋もの、おもてなしの時にはおすすめです)
 
●黒豆/●ニシンの昆布巻き/●田作り…金沢・料亭浅田屋
 (加賀の老舗料亭だけあって、上品なお味!)

●紅さけの昆布巻き…滋賀・鮎屋
 (鮎屋は他にも色々な昆布巻があって楽しめます。)

   
  <飾り用>

●飾りきゅうりのイクラ乗せ
●梅花人参(小さい型抜きで抜き、さっと塩茹で)
●絹さや(筋取りしてさっと塩茹で)
   
   
 <手作りレシピ>(すべて4人分)
出し巻き玉子(飾り切)--------------------------------------
色々な飾り切りをマスターするとプロっぽい!
<材料>
・卵…中4個
・かつお出汁…80cc
・塩…少々
 

1. 卵は泡立てないように混ぜる。
(菜箸をボールの底につけたままでかき混ぜると泡立たずに混ざる)
2. 1に出し汁と塩少々を入れてまぜ、しばらく置いて味をなじませる。
3. 卵焼き器で薄く伸ばしながら巻き込んで焼き上げる。
サラダ風なますin柚釜 -----------------------------------------
これは、作りおきしておくと便利!
直前に漬け汁にあえるとさっぱりしたサラダになります。
<材料>
・柚…小さめのもの4個
・大根…10B
・京人参…5B(なければ普通の人参でもよい)
・貝割れ大根…1パック
・ちりめんじゃこ…1/2Cup
・塩こぶ…ひとにぎり
・白ごま…大さじ1杯
・漬け汁
 (柚の絞り汁1/2カップ、酢1/2カップ、砂糖大さじ1杯) 
 

<作り方>
1. ちりめんじゃこはフライパンで乾煎りするか、面倒な場合は電子レンジで3分。あら熱が取れるまでペーパータオルに広げておく。
2. 柚は、へたを切り取り中身を取り出しておく。へたはふたにするためとっておく。
3. 大根と人参は5Bのマッチ棒程度の千切りにして、塩大さじ1杯をふって5〜6分ほど置く。
4. 3をよく揉んで水でざっと洗い、ぎゅっとしぼる。
5. 4に、柚の絞り汁1/2カップと酢1/2カップ、砂糖大さじ1杯を合わせて入れる。
6. 5に、ちりめんじゃこと、半分に切った貝割れ大根、塩こぶひとつにぎり、白ごま大さじ1杯を入れて合わる。
7. 6を、柚釜に盛り付ける。
栗きんとんの茶巾絞り-------------
慣れると簡単なので手軽な和菓子として食べられるよ。
小ちゃく可愛く絞るのがコツ。
ポイントはくちなしの実で鮮やかな黄色に仕上げること。
<材料>
・サツマイモ…大1本
・栗の甘露煮…12粒
・栗のシロップ…1/3カップ
・くちなしの実…1個
・砂糖…大さじ3杯
・塩…少々
・クコの実…少々
 

<作り方>
1. サツマイモは3Bの厚さに切り、皮を厚めにむき水にさらしておく。
2. 1を、たっぷりの水をいれた鍋で沸騰するまでゆでて水切りし、アクを抜く。(みょうばんが無い時のアク抜きの方法)
3. くちなしの実は半分に割ってガーゼか出汁袋に入れる。
4. 鍋に水切りしたサツマイモとくちなしの実、栗のシロップを入れ、煮立ったら弱火で串がスッと刺さるまでゆでる。ゆで汁は少し残し、ざるにあげる。くちなしの実は取り出す。
5. サツマイモとゆで汁少々をフードプロセッサにかける。ゆで汁はかくはんの様子を見ながら加える。(本当は裏ごし器だけど、大変なので楽します。)
6. 鍋に5と砂糖、ゆで汁少々を加えて、木べらでポッテリするまで弱火でこげないように練り上げる。(厚手の鍋だとこげないよ)
7. 最後に栗と塩少々を入れて混ぜ合わせる。
8. ラップにきんとんの中に栗を包むようにして乗せ、上をきゅっと絞り、茶巾型にする。
9. 水で戻したクコの実を乗せる。

Back][Top


  UP DATE 02.26
about us 取材・リンクについて お問い合わせ designam  
デザインam制作会社