【 重陽の節供 】
奇数が重なる1月1日(元旦)、3月3日(雛祭り)、5月5日(端午の節句)、
7月7日(七夕)と共に五節供(句)とよばれています。
これは中国の思想に基づくもので奇数は陽と扱われていることからも
奇数のもっとも多い数字が重なる9月9日はとてもおめでたい日とされています。
この時期は菊の季節でもあることから別名 菊節供とも言われています。
菊花を酒に浸して飲んだり、菊を家に飾ったり、菊花の宴を開きます。
またこの前夜、菊の花に綿をかぶせ(かぶせ綿)、菊の香りとしずくを
吸った綿で体をぬぐうと長命を得るといわれています。


   
about us 取材・リンクについて お問い合わせ designam  
デザインam制作会社