テーマとなる色が決まったら次は食器です。日本には食器の種類がほんとに沢山 にあります。磁器、陶器、ガラス、漆器・・・。焼物や漆器だって産地によって 種類も豊富にあります。思い出すだけでもウキウキしてきますね。
これらを楽しくセッティングしてそれぞれのシーンや家庭らしさ、あなたらしさを楽しんで下さい。きっと日常の生活の中でも雑貨屋さんや食器売り場にいくのが楽しくなります!
少しセッティングについて付け加えるとテーブルセッティングにはフランス式とイギリス式といわれるフォーマル(正式な)なものがあります。
このセッティングはフルーコースや略式ディナーを頂くことを前提として考えられています。使用するグラスや食器類、カトラリー(ナイフやフォーク)などを順に並べておきます。(ほら よくフランス料理などを食べに行くとテーブルにセッティングされているあれです!) しかし家庭や仲間同士で楽しむのはあくまでもカジュアルなスタイルで。 食器も出きるだけ少ない数で済むように心がけましょう。
例えばひとつの使用例として、招いた人が立ったり座ったりしなくていいようにダブルプレート(お皿を二枚重ね)で使用します。またカップ&ソーサーやその他、必要なプレートなどをあらかじめセットしておきます。
お招きしたいけれど揃った食器を持っていなくて・・」という声を良く聞きますが食器デザインは統一されていなくても大丈夫です。
そのかわりサイズは同じ方がきれいにまとまります。

プレートについて
ディナー皿 27cm 〜 25cm
食事の中で中心の役割
サラダプレート 21cm前後
一般の家庭での使い方は、おもてなしのときにディナー皿と一緒に重ねて出し(ダブルプレート)、上のサラダ皿を初めにサラダやオードーヴル用に使い下のディナー皿でメイン料理を頂くというのが普通 です。
デザートプレート 21cm前後
サラダ皿と全く同じサイズですから同じでよいというわけです。
一人分として考えると同じお皿を2枚持っていると便利です。
シリアルボール 16cm前後
ちょっと深くなっいるお皿、コーンフレークなどを頂くときに使いますがその他、サラダやスープ、デザートなど色々なものに活用できます。
 


   
about us 取材・リンクについて お問い合わせ designam  
デザインam制作会社